やまがた再発見-羽島金三郎

身近なところに、凄いことをなしとげたにもかかわらず、ほとんど知られないまま埋もれてしまっている人物がけっこういるものです。今回は大森治豊氏、鈴木健太郎氏、長谷川健三氏、栗山津禰氏、柏倉松蔵氏につづいて上山ゆかりの人物・羽島金三郎氏を〈再発見〉してみました。
氏は、北海道においてSL排雪列車「キマロキ」編成という画期的な除排雪システムを考案・開発し、世界的に注目された人物です。

(上)2018年11月11日付「山形新聞」掲載 ▶ わが国の鉄道の歩みと除排雪車の開発

(中)2018年11月18日付「山形新聞」掲載 ▶「キマロキ」のシステムについて


(下)2018年11月25日付「山形新聞」掲載 ▶ 羽島家のルーツと金三郎の略歴のこと

go top