赤松小三郎暗殺時の「斬奸状」ほか

今日は3連休の最終日。このありがたい休日を割り切って幕末三昧にあて、「赤松小三郎」の資料と戯れています。で、昨日、ぜひ皆さんにも読んでいただきたいと思えるような資料に出合いましたので、紹介させていただきます。

幕末期の京都を中心に横行した尊王攘夷派による問答無用のテロがいかなるものであったかを知るための資料ともなります。1863年(文久3)あたりがピークであったテロの嵐ですが、なんと1865〜1868年(慶応年間)に入ってもなお、依然として尊王攘夷、ひいては海外との交易や交流を拡大しようとしている徳川政権の転覆=武力倒幕を叫びながら、性懲りもなく繰り返されていたようなのです。とりわけ、慶応年間に起こったこれから紹介しようと思っている1867年に起きた赤松小三郎暗殺事件と、翌1868年の有無を言わさぬ小栗忠順の斬首事件は、ともに特筆すべき武力討幕を叫ぶ勢力による愚劣極まりない犯罪であったと言って良いように思います。

資料をお読みいただく前に、赤松小三郎は当時どんなことをしていたのか知る必要がありますね。士は差し迫りつつあった国を二分する内乱への危機をなんとか回避すべく、1867年(慶応3)10月14日の大政奉還直前まで、つまりは暗殺される直前までということになりますが、薩摩藩西郷吉之助(隆盛)と幕府重臣永井玄蕃(尚志)の間に入り、「幕薩一和」のための周旋活動をしていたようなのです。それを裏付ける士自身の書状も上田市立博物館に数点残存しています。資料でその書状を読むと、赤松は間も無く「幕薩一和」の策が実りそうだというような心情を(たとえ希望的なものだったのかもしれないとしても)吐露しているのです。ところが、すでにご存知の通り、がむしゃらに武力討幕を急いでいた薩摩藩の中村半次郎(=桐野利秋)ほか数名のテロリストたちによって、いったん故郷の信州上田に戻ろうとしていたところを狙われ、赤松は無慈悲にも1867年(慶応3)9月3日京都で暗殺されてしまうわけです。

下に掲載した写真は、そのテロリストたちが京都三条大橋南側擬宝珠に張り出した「斬奸状」を翌4日に写しとったもの(誰が写書したかは不明)とその翻刻文です。

***********************************************************************************************************************************************

                                     元信州上田藩 赤松小三郎

此の者之儀、兼て西洋ヲ旨トシ 皇国之趣意ヲ失ヒ、却テ公ヲ動揺せしめ候儀、不届き之至り捨置くべからざる之多罪ニ付き、今日東銅院五条下ル処ニテ天誅ヲ加ふるニ附き、則ち其の首ヲ取り肆(さら)すべき之処に候え共、昼中ニ附き附き其の儀ヲ能はず、依って此の如く也。

      卯九月三日七ツ時                      有志中

右張紙ニ附其の処承り合せ候処、東銅院通り魚棚下ル町ニて昨三日夕七ツ時、西洋風俗帯刀人日傘ヲ持ち供ヲ召連れ都合二人通行致し候処、何方よりか跡ヲ附け候哉、矢庭ニ切倒シ其の侭立去り申し候。供之者モ同時ニ逃去り候。右赤松幕府御家人之由。

出典は「赤松小三郎 松平忠厚」上田市立博物館

************************************************************************************************************************************************

テロリストたちが赤松小三郎を斬った理由に「此の者之儀、兼て西洋ヲ旨トシ 皇国之趣意ヲ失ヒ」という文言があります。この文言を現代のことばで俗っぽく言い換えてしまえば、「あいつは西洋文化にかぶれ、わが皇国の精神性を失ってしまっている」というような意味になるだろうか。だからといって主義主張の異なる人を殺め平然としていられる「尊王攘夷」派のテロリズム=抹殺の論理は実に恐ろしいものです。しかも驚くことに彼らが好んで使う言葉=「皇国之趣意」の語義さえ理解していたとは思えません。彼ら自身、真の意味で「皇国之趣意」を血肉化するところまでは至っていなかったということになります。武力討幕後の安直な欧化主義への変節はそのことを如実に、しかも雄弁に語ってくれます。考えるまでもなく「攘夷」と「欧化」は真逆の思想。要するに彼らのいう「尊王攘夷」など、いつでも都合によって変節できる単なる倒幕の気分を込めた便宜的な表層的な記号でしかなかったということなんだろうと思われます。赤松を斬った本人たちには、赤松が構想していた極めて高度な日本の近代化プランなど全く理解出来ず、徒に誅殺行為に酔いしれていたとしか考えられないのです。その一つの証拠は後の鹿鳴館にあります。「攘夷」という旗印のもと根拠のない外国人排斥と開明的な人物の誅殺を繰り返していた彼らが、「攘夷」という熱病に飽きると今度は真逆の「欧化」という熱病に浮かれ出しただけだったのです。テロリストたちによって葬られた数多の屍の上にあだ花のように構築された鹿鳴館!そして、髭をたくわえ洋装のいで立ち。それだけでは飽き足らず胸にこれでもかと言わんばかりに勲章をぶら下げ、煌びやかなシャンデリアの下で踊る元勲とう称される男たちの光景はあたかもブラックユーモア以上の自己矛盾の祝祭としか言いようがありません。その意味でも、テロリストたちの遥か先を見据えていた先駆的な思想家・赤松小三郎を殺す理由など、本質論的にはそもそもありえなかったわけです。討幕派には、その後の指針となるさしたる国家ヴィジョンはなく、ただただ悲願としてあった武力討幕を成し遂げる結果となったわけです。彼らが作り上げたわが国のその後の歩みを振り返ってみても、それは中央集権下で押し進められた富国強兵、ならびに海外拡張路線のもとで遂行された戦争につぐ戦争の政策でした。このわが国の近代化という美名のもとに語られてきた歴史の暗部について、私たちは今こそ冷静に熟考してみる必要があるように思えて仕方がありません。

《参考資料》赤松小三郎の政体論については、当該ブログ2018年9月30日付【赤松小三郎の画期的な政体論】をご覧ください。

go top