「羽州上山城下温湯記」発見!

元禄15年に書かれた「羽州上山城下温湯記」なる文書が見つかった。
上山の温泉が、月秀上人によって発見されたことは、今は上山に住んでいれば小学生でさえ教わって知っている。それがまた当市の観光事業の根幹を掌っていることも万人が認めるところである。
しかしその裏付けの話となると決定的な史料は存在していないのだ。
じつに不思議な話だ。
去る3月29日、我家の古文書整理を買って出てくれて、それを目録化する作業のため訪れた田中大輔氏が偶然発見し、興味を覚えつつ全く読めない小生は情けなくもさっそく長南伸治氏に翻刻をお願いして4月2日、まさに本日わかった貴重な情報である。
その文書によると以下の通りである。

書き下し:城下に温泉有り…土人文献足りず、其の創始する所を見とも、而して已に失せり。
訳   :上山城下の温泉の成り立ちについては、文献不足により不明である(調べようがない)。

つまり、元禄15年時点では、上山温泉の起源についての情報として、文献が無く不明となっていたようで、そこには月秀上人の名はいっさい登場してこいないのだ。
では、いつ、誰によって、上山の温泉が、月秀上人によって発見されたことに決されたのか。推理小説以上に面白そうなテーマの誕生ではないか!

上山温湯記-1上山温湯記-2

まずは、第1便として掲載させていただきました。ワクワク感半端ない!

 

go top