ある報道記事から…

大事なのは《政治思想》ではなく《倫理》。しみじみとそう思う。謙虚な気持ちで下に引用したある報道記事に目を通してみてほしい。どんな政治的プロパガンダよりも考えさせられる静かなメッセージだ。単なる理想主義的な甘いことばでもない。表現はいたって平明だが、知性に裏打ちされたゆるぎない信念からあぶり出されているようなことばだ。小生にはそう響く。 * 〈戦争は、防衛を名 …

続きを読む>

「語られなかった《幕末》」於:浄光寺

浄土宗湯出山浄光寺(上山市軽井沢)において「語られなかった《幕末》」と題して、7月22日・23日の両日、お話しさせて頂きます。両日とも朝の7時からおよそ1時間ほどの予定となります。ご住職様にお尋ねしたところ、どなたでも自由に参加して頂いて構いませんということでした。参加料も無料とのこと。 ◎プログラム紹介◎ 【7月22日】=「小栗忠順について」/武力倒幕に勝 …

続きを読む>

2冊の「維新本」

隠れた名著がどんどん復刻されているようです。 その傾向の背景を考えると、これまでの「維新史」は怪しい歴史記述が含まれた「官許・明治維新史」だったということが次第に明らかになりつつあり、それに異議を唱える新しい視座や史観が徐々に市民権を得て来ていることを意味しているように思えます。つまり、先人たちの地道な研究=労苦が、ようやく陽のあたるところまで顔を出し始めて …

続きを読む>

『るろうに剣心』全編を観る

残念ながら劇場ではなかったが、茶の間のテレビ(WOWOW)でシリーズ3作品をやっと観ることが出来た。和月伸宏による日本の漫画『るろうに剣心〜明治剣客浪漫譚』を原作とした日本の実写映画シリーズ。    主演・佐藤健。監督は大友啓史。製作・配給はワーナー・ブラザース映画。 第1作は「東京編」。第2作『京都大火編』、第3作『伝説の最期編』。             …

続きを読む>

いくらなんでも…

誰でも、頭の中では「独裁専制政治」「報道規制」「表現の自由の弾圧」をあってはならないこととしてイメージし、とっくに理解もしているはずなのです。だけど、自分の言っていることや、やっていることが、実質的にそんな内容だとしても、「自分のやっていることはそうじゃない、あなたたちとは違って、もっと崇高な理念から提言している」と思ってしまいがちなのです。というより、それ …

続きを読む>

ピンチ・ヒッター岩井、背番号なし

今年の「吉田大八忌」(6月18日:天童市/観月庵にて開催)における講話の予定は、本間勝喜氏による「幕領の庄内藩預り地」と「2万3千俵」の問題ということで、庄内藩が「朝敵」にされた理由とその謎を解くものになる予定でした。しかし本間氏の家庭の事情により、実現が難しくになってしまいました。(興味津々でしたのでほんとうに残念!)代わりの講師の方をさがす時間的な余裕も …

続きを読む>

景色の対比幻想

NHK BSー2で放映している「岩合光昭の世界ネコ歩き」シリーズをみていて、ふと思った。あの画面全体に流れる穏やかな時間、そして愛しき猫たちが闊歩する何事も起こらない空間。これらってもしかしたら私たち人間の至福の日常性を表現している暗喩なんじゃないだろうか。味わい深いナレーションもふくめて大好きな番組のひとつである。 その独特の時間がながれる映像にオーバーラ …

続きを読む>

少ない上山藩軍の情報

賊軍(謂れのない蔑称!)として戊辰戦争を戦った上山藩軍の資料は、現在ほとんど残っていない。軍服はおろか、戦陣で綴られたであろう日記や報告書なども残存している話を聞いたことがない。敗色濃厚な流れを察知したとき、軍は敵に見られてはまずい資料を何よりも先に焼却処分してしまうからなのだろうか。 このたび「上山小銃大砲隊」の木村慎也氏より貴重な資料を提供していただいた …

続きを読む>

「明治日本の産業革命遺産」考

このたび、世界遺産への登録をめざした「明治日本の産業革命遺産」のリストが公表された。筆者もそのこと自体はすばらしいことだと思う。だが、それをみて驚いたのだ。その驚きとは「横須賀製鉄所(造船所)」が含まれていないことである。誰が考えても、いの一番に挙げられてしかるべき産業革命遺産だろうに…。そのいっぽう、なぜか「松下村塾」が選ばれているという不可解なリストと言 …

続きを読む>

歴史は人によってつくられる

《陸奥に 桜狩りして思うかな 花散らぬ間に 軍せばやと》 繊細な抒情を微塵も感じられないこの和歌の作者をご存知だろうか? 奥羽鎮撫総督府下参謀で長州藩士の世良修蔵である。奥羽鎮撫軍の一行が京都を出て奥羽に向かったのが旧暦の慶応4年3月6日(大坂港を出たのは11日)というから、現在の暦だと京都はちょうど桜の季節だったのかもしれない。そして3月18日、仙台寒風沢 …

続きを読む>

go top