いわずもがな、人間は変化する。

《恭順を拒んだ額兵隊隊長星恂太郎》 幕末期の仙台藩最精鋭部隊であった額兵隊の隊員たちは、赤と黒のリバーシブルで粋な軍服を身にまとっていたと伝えられている。星恂太郎というアニメの世界から飛び出してきたかのような名前の人物が、その部隊の隊長であった。星は天保11年(1840)、仙台東照宮六供の一戸・星道栄の長男として生まれている。頭角を顕したときは仙台藩内きって …

続きを読む>

鹿の肉は誰が運んだのか?

『土方歳三戊辰戦記』(田中真理+松本直子共著:新人物往来社/86〜87頁)に興味深い場面が記されているので紹介してみたい。各地を転戦してきた戦士たちが慶応4年(1868)9月3日仙台城に集結し、歴史的な軍議を迎える直前(8月下旬から9月2日まで)の状況が描かれている。 「錚々たる人物が集まったが陸路をやってきた人々はつまるところ逃げて来たのだから、いずれも戦 …

続きを読む>

間近!貴重な歴史講座。

1月16日付本欄で紹介させて頂いた「上山藩の奇兵隊」についての詳しい歴史講座が、来る4月9日(土)午前10時から上山城1F多目的ホールを会場に開催されます。掲げられた正式なテーマは「領民たちの戊辰戦争~上山藩 “奇兵隊 ” “ 集義隊 ” “ 郷夫 ”」。講師は新資料を発見された公益財団法人上山城郷土資料館学芸員・長南伸治氏です。 これまで奇兵隊といえば長州 …

続きを読む>

仙台藩士一条十郎の証言

去る2月13日(土)に開催された長南伸治氏(公益財団法人上山城郷土資料館学芸員)による「上山城古文書講座:金子清邦宛書状を読む」において、上山藩の戊辰戦争に関するきわめて重要な資料が配布された。まずはテーマの金子清邦へ宛てた仙台藩士一条十郎の書状そのもの。その一条十郎とは仙台藩内においては攘夷派の人物として知られ、金子清邦に宛てたその文面によって、金子清邦が …

続きを読む>

原田伊織氏の新著について

〝恫喝外交をしかける欧米列強外交団、大英帝国の支援を受けた薩摩・長州のテロリズム、命を賭してわたり合った幕臣官僚たち。日本近代史を覆す衝撃の維新論「明治維新という過ち」待望の第二弾!〟 これが新著の帯に刷りおかれた文言である。  圧倒的なインパクトを与えた前著『明治維新という過ち』(毎日ワンズ刊)の続編として、つい先日、『官賊と幕臣たち〜列強の日本侵略を防い …

続きを読む>

上山藩にも奇兵隊が存在していた?

公益財団法人上山城郷土資料館に収蔵されている古文書のなかに、幕末関係の面白い資料が含まれていると、先日、学芸員の長南伸治氏が立ち話の折、教えてくれた。 それがどういう物なのか尋ねると「幕末期の上山藩にも奇兵隊という名称の一隊が存在していた」という耳を疑いたくなるような内容なのである。小生はこれまでまったく聞いた事はなく、すでに刊行されている上山藩関連のさまざ …

続きを読む>

2016年、スタート。

歳とともに雪が苦痛になってきているなか、積雪の無い市街地の正月はほんとうにありがたい。 今年の元日も昨年同様午前中は上山城へ。毎年「かみのやま三曲練習会」による恒例の邦楽の調べで、正月気分を贅沢なまでに満喫できる。演奏はもちろん、毎年邦楽についてのいろんなガイドをしてくれるので愉しさも倍加されるのがこの企画の特徴で、ことしは楽器つまり箏・尺八・三味線・十七弦 …

続きを読む>

ありがたいことです。

11月21日付本欄で紹介させていただいた拙著『異貌の維新』(紅花書房刊)が、きょう(12月11日)の河北新報ウェヴ版、新刊レビュー「東北の本棚」に取り上げられました。正直、嬉しい限りです。これが縁でひとりでも多くの方にお読み頂けたら幸甚です。 下記をクリックして、ぜひ覗いてみてください。 河北新報レビュー「東北の本棚】 11月21日付の小生のブログを再録して …

続きを読む>

『異貌の維新』刊行!

古書店の紅花書房(山形市小白川町)さんが、創業10周年を迎え、それを記念してはじめて新刊本の出版事業に乗り出し、その第一弾として小生の『異貌の維新〜《奥羽越》の矜持と無念〜』を刊行してくださった。 本書は、小生がこれまで約10年間に亘って綴って来た「明治維新史」関連の拙稿をほとんど網羅しており、個人的に言えば「幕末私論の集大成」といえる内容に仕上げてくださっ …

続きを読む>

go top